モノビジョンレーシックとは?



モノビジョンレーシックとは、片方の眼は遠くが見えるように、片方の眼は近くが見えるように調整することによって近くも遠くも見えるようにする、主に老眼の方が受けることが多い手術・治療法です。


つまりモノビジョンレーシックによって、遠近両用眼鏡の状態を作りだすので、老眼の方が老眼鏡、遠近両用眼鏡がなくても日常生活が送れるようになるのです。


基本的には以下のように矯正します。


・利き目⇒遠くが見るように矯正

・利き目でない眼⇒近くが見えるように矯正


 モノビジョンレーシックのデメリット



モノビジョンレーシックによって老眼鏡が不要になるかもしれませんが、良い事ばかりでもありません。具体的には以下のようなデメリットも考えられます。


左右の視力が違うので眼精疲労が強くなる可能性がある(数ヶ月で慣れることが多い)。


片眼の視力低下(老眼の進み)などによって見えづらくなる可能性があり、2回目の手術が必要になることもある。


片方の眼は近くを見えやすくするため、、遠くの見え方が下がってしまう可能性がある。


夜間の車の運転、細かい作業など、視力への負担が大きい仕事、作業をする方には向いていない。


 モノビジョンレーシックの手術法



モノビジョンレーシックの手術法は、レーシック(視力矯正手術)とほぼ同様です。


レーシックとは、エキシマレーザーと呼ばれる機械で眼の角膜の形状を変え、視力を矯正する手術です。


ただ近視をレーシックで矯正する場合は基本的に同時(同じ日)に両眼とも遠くが見えるようにレーザーによって角膜を削りますが、モノビジョンレーシックの場合は片方は遠くが見えるように、片方は近くが見えるように矯正するため、同時(同じ日)に矯正するか、片方ずつ矯正するかは術前検査の結果によってケースバイケースです。


日本では神戸クリニックなどでこのモノビジョンレーシックを行っていますが、まだまだ行っているクリニックは少ないのが現状です。




スポンサードリンク