老眼治療CK手術の流れ、料金、注意点



適応検査で問題ないと診断され、老眼治療CK(伝導性角膜形成術)を受けると決心した場合、手術当日は以下のような流れとなります。また手術当日や手術後の注意点をまとめていますので、手術した場合どのようなことに注意しなければならないのかを確認しておきましょう。


 老眼治療CK(伝導性角膜形成術)を受けるまで



?適応検査の予約&相談


?適応検査&カウンセリング


?老眼治療CK手術


?術後は定期的「翌日・2週間後・3ヶ月後・6ヶ月後」などに検診を受ける


 伝導性角膜形成術(老眼治療CK)の流れ



1:点眼麻酔をする(全身麻酔ではありませんし、注射による麻酔ではありませんので注射麻酔が苦手な方でも心配いりません)。


2:眼の中心に合わせて角膜外周にマーキングする。


3:角膜の外周に沿って8〜16の位置にラジオ波(高周波エネルギー)をあてる。


4:ラジオ波をあてることで、角膜のコラーゲン組織を収縮させる。


5:感染症を防ぐための点眼をして終了です。


6:手術後、担当の医師によって診察を受け、保護用のコンタクトレンズを装用し帰宅します。


上記の通り老眼治療CKは比較的簡単な手術で、手術時間は「3〜5分」程度と短く、当然、点眼麻酔をしていますので、手術中に痛みを感じることもほとんどありません(個人差がありますが、麻酔が切れた後に痛みを感じることはあります)。


ただ手術直後は光が眩しかったり、眼に異物感がする場合もありますが、翌朝起床時にはそれらの症状はほとんどの場合なくなっています。


 老眼治療CK(伝導性角膜形成術)の注意点



手術前の適応検査、カウンセリング時に分からないこ事、不安に思っている事を必ず質問し、納得してから手術を受けるようにしましょう。


手術当日は、「セーター・パーカー・タートルネック」などの服装は適していません。必ず医師の指示に従った服装で来院しましょう。


老眼治療CK後は、医師の指示されたことを守り、処方された薬を服用し、無理をしないようにしましょう。


手術後、当日は車のライトが眩しかったり、視力がまだ安定していませんので車、バイクの運転は出来ません。必ず公共の交通手段を利用してクリニックに行くか、家族や友人、知人に送迎してもらうようにしましょう。


手術後シャワー、入浴は当日から可能ですが、1週間程度は眼に水が入らないようにしなければなりません(医師の指示に従ってください)。


手術当日、また手術後1週間程度はお化粧、メイクはできません。


手術後1週間程度は力仕事、軽い運動は控え、水泳などは最低1ヶ月は出来ません。


 伝導性角膜形成術(老眼治療CK)の定期健診




老眼治療CK(伝導性角膜形成術)を受けた場合、術後、順調に視力が回復しているか?何か問題が起こっていないか?を調べるために定期検査を受けなければなりません。定期健診を受ける時期はクリニックによって異なる場合がありますが、一般的に・・・




・翌日検査
・2週間後検査
・3ヶ月後検査
・6ヶ月後検査


となっている事が多く、当然、上記以外でも自分で何かおかしいと思ったら、その都度、診てもらえますし、例え自分では順調にいっていると思っても、何か不具合が生じている可能性もありますので、面倒がらずに必ず定期健診は受けるようにしましょう。


 老眼治療CK(伝導性角膜形成術)の料金




老眼治療CK(伝導性角膜形成術)は健康保険、社会保険などが適用されない自由診療のため料金はクリニックによって異なり、当然、料金は全額自己負担となりますが、一般的な料金は・・・




老眼治療CKのみの場合:15〜30万円


となっています。


また老眼治療CKは利き目とは逆の眼、片目だけに行うのですが、「近視+老眼」の方が老眼治療CKを受けると近くは見やすくなっても遠くまで見えるわけではありませんので、近視、乱視、遠視がある方は老眼治療CKを受ける前、または同時に視力回復手術レーシックが必要になる場合があり、当然、レーシックを合わせて行う場合はプラスしてレーシックの手術料金が必要となります。


また老眼は加齢と共に確実に進行しますので、例え老眼治療CKを受けてその時は老眼の症状がなくなった場合でも、数年後、数十年後、再び近くが見づらくなる可能性が高いので、再び老眼の症状が出始めたときは本人の希望、検査の結果によって再手術(追加治療)を受ける事も可能ですが、基本的に再手術(追加治療)料金は有料となっています。


ただクリニックによって1年以内の再手術(追加治療)の場合は無料などと保障されていることもありますので事前に確認しておきましょう!


ちなみに神戸クリニックの場合、料金は以下の通りとなっています。


行う施術 料金
老眼治療CKのみ 15万円(1年以内の再手術は無料)
片眼レーシック、片眼CK 30万円(レーシックは永久保障)
両眼レーシック、片眼CK 43万円(レーシックは永久保障)


 伝導性角膜形成術(老眼治療CK)を行っているクリニック



神戸クリニック

坂西眼科医院

南青山アイクリニック

おぐり眼科クリニック


2009年現在、老眼治療CK(伝導性角膜形成術)を行っているクリニックは上記の通りかなり少ないですが、今後、徐々に手術が行えるクリニック(医師)が増加していくと思われます。


 伝導性角膜形成術(老眼治療CK)関連記事



レーシック手術で老眼は治るのか?

伝導性角膜形成術(老眼治療CK)とは?

老眼治療CKの適応性

老眼治療・手術Q&A

遠近両用眼内レンズとは?




スポンサードリンク