遠近両用眼内レンズとは?



老眼を治療、回復させる方法として日本でも年々、症例数が増加しているのが「マルチフォーカルIOL、つまり遠近両用眼内レンズ(遠近両用白内障手術)」です。


そもそも遠近両用眼内レンズは白内障を治療する際に行われていたもので、従来の遠近両用眼内レンズでは単焦点レンズ(ピントが1つ)のため「遠く・中間・近く」いずれか1つにしかピントを合わせる事が出来なかったのですが、最近は近くだけでなく、遠く、または中間と、複数にピントとを合わせることができる多焦点レンズの遠近両用眼内レンズが開発され、治療が行われるようになったのです。


使用される遠近両用眼内レンズ(マルチフォーカルIOL)はクリニックによって異なりますが、日本で普及しているのは以下の遠近両用眼内レンズで、この中からそれぞれの眼の状態や、どのような生活を送りたいのかによって選択することとなります。


レンズの種類 焦点 乱視
矯正
費用
(両眼で)
Add-Onレンズ
(HumanOptics社)
単焦点or多焦点 40-60万
SBL-3
(Lenstec社)
2焦点 × 70万-
isii
(HOYA社)
2焦点 × 70万-
ReSTOR
(Alcon社)
2焦点 70万-
テクニスマルチフォーカル
(AMO社)
2焦点 × 80万-
LENTIS Mplus
(Oculentis社 )
2焦点 × 80万-
ファインビジョン
(PhysIOL社)
3焦点 100万-


Add-Onレンズ(HumanOptics社)近視、乱視、遠視を矯正。単焦点レンズか多焦点レンズどちらかを選択可能で、多焦点レンズを選択した場合は遠近両用。


SBL-3(Lenstec社)2焦点レンズを使用し、「遠く・中間」の見え方が向上。乱視強制はできない。


テクニスマルチフォーカル(AMO社)2焦点レンズを使用し、「遠く・近く」の見え方が向上。乱視強制はできず、頻繁に夜間の運転を行う方は適応外。


LENTIS Mplus(Oculentis社 )2焦点レンズを使用し、「遠く・近く」の見え方が向上。乱視強制はできない。


ファインビジョン(PhysIOL社)3焦点レンズを使用するため、「遠く・中間・近く」全ての見え方が向上し、乱視が強い方でも手術可能。ただ費用が最も高額。


以上のように遠近両用眼内レンズは老眼、白内障の治療法としては非常に画期的で効果的なのですが、レンズによっては乱視が強い方や夜間車の運転を頻繁にする方には適していないとされており、さらにクリニックによって異なりますが治療費は両眼で「40-120万円」ほどしますので(2017年現在)、なかなか簡単に治療が行えるものでもないかもしれません。


医療保険に加入している人は、使用するレンズによって先進医療特約の対象となる場合があり、先進医療の対象で保険金(給付金)が出れば治療費がかなり抑えられるので、遠近両用眼内レンズの治療を受ける前に加入している保険会社に確認しましょう。


乱視等の影響で十分に視力が回復しなかった場合は、レーシックによって微調整する方法がとられています。


 遠近両用眼内レンズを行っている眼科クリニック



遠近両用眼内レンズ(遠近両用白内障手術)の治療を行うクリニックは増えており、日本での老眼治療の主流となりつつあります。


具体的には、

・神戸神奈川アイクリニック
・品川近視クリニック
・南青山アイクリニック

などが行っており、さらに各地方でも治療を行う眼科クリニックが増えています。




スポンサードリンク