レーシック手術で老眼は治るのか?



近年、近視、乱視、遠視が治る視力回復手術レーシックを受ける方が日本でも増加し、世間一般でもレーシックという言葉が浸透してきましたが、このレーシックで老眼を治療し、回復させる事はできないのでしょうか?




残念ながら現段階ではレーシックで老眼を治す事は出来ません。


レーシックはエキシマレーザーという機械で何らかの原因によって屈折異常が起こっている角膜にレーザーを照射して、角膜の屈折率を矯正し、「近視・乱視・遠視」を治す角膜屈折矯正手術なのですが、そもそも老眼は角膜の屈折異常が原因ではなく、水晶体の機能低下、弾力性が低下する事による起こる症状なので、現段階ではレーシックで水晶体の弾力性を回復させる事は無理なので、レーシックによって老眼自体を治す事は出来ないのです。


ただモノビジョンレーシックといった老眼治療は、近視等を矯正するレーシックとほぼ同様の手術法で、

・利き目⇒遠くが見るように矯正

・利き目でない眼⇒近くが見えるように矯正

することによって、近くも遠くも見えるようになる、つまり老眼鏡(遠近両用メガネ)が不要で日常生活を送れるようになる可能性はあります(老眼自体が治るわけではありません)。


またモノビジョンレーシック以外にも以下の老眼を矯正する治療を行うクリニックも日本で増えてきましたので、老眼鏡、遠近両用メガネに頼らなくても良い時代がすぐそこまで来ているのかもしれません。


伝導性角膜形成術(老眼治療CK)


利き目の反対側の片眼の角膜の外側にラジオ波と呼ばれる高周波エネルギーをあて、角膜の外側だけの形状を変えることによって、遠くの視力を維持したまま近くの視力を向上させる老眼治療。


以前は老眼治療の中心だったが、最近は治療を行う眼科クリニックは減少している。


リーディングアイ


片眼の角膜にリング状の物を挿入し、片方で近くが、もう片方で遠くが見えやすくなる治療法で、場合によってはリングを挿入しない片眼にレーシックを行う場合もある。


日本で治療を行っている眼科クリニックは少ないが、世界的に見れば症例数は多い。


遠近両用眼内レンズ(マルチフォーカルIOL)


両眼に眼内レンズを挿入する老眼治療で、2焦点、3焦点にピントが合う眼内レンズが主流となってきている。


近年、治療を行う眼科クリニックが増えている。


 老眼の人は近視矯正手術レーシックを受けられるのか?



レーシックは、「近視・乱視・遠視」を矯正させる事が可能ですが、それでは「近視・乱視・遠視」+老眼の方はレーシックを受けて、近視や乱視を矯正させる事が出来るのでしょうか?


適応検査で問題なければレーシックを受ける事が可能です。



近視の方ですでに老眼が始まっている場合、近視用のメガネやコンタクトレンズを外せば近くはある程度、見えることが多いと思いますが、レーシックを受けて近視が矯正されれば、遠くは非常によく見えるようになっても、レーシックを受ける前までは見えていた近くが見づらくなる可能性は否定できません。


しかしレーシックを受けて近くが見づらくなった場合でも、実はそれが本来の状態であり、レーシックを受けなくても老眼の症状は早かれ遅かれ誰にでも必ず訪れる症状なので、


老眼+近視遠近両用メガネが必要。


老眼老眼鏡のみでOK。


以上のように、近視+老眼の方がレーシックを受けて近視が矯正されれば遠近両用眼鏡は必要ありませんので、老眼の方がレーシックを受けるメリットは実は大きいのです。


いずれにしても40歳過ぎの方がレーシックを受ける場合は近くが見づらくなる可能性を考えて、クリニックの医師に相談のうえ、レーシックを受けたほうが自分にとってはメリットが大きいのか?、老眼を自覚するのが早くなるのが嫌なのか?をよく考えましょう!


レーシックを受ける前には細かい適応検査が行われ、眼の病気、角膜の厚さなどによってはレーシックを受けられない場合もありますので、レーシックを受けたいからといって全ての方がレーシックを受けられるわけではありません。




スポンサードリンク