老眼が始まる年齢



加齢が原因で近くが見えづらくなる症状、老眼ですが、それでは何歳くらいから老眼の症状は始まるのでしょうか?


老眼の症状が出始めるのは個人差がありますが、一般的に40歳を過ぎた辺りから老眼の症状が出る方が多く、早い方では30代で自覚するようになり、遅い方でも50歳を過ぎた辺りにはハッキリと老眼である事を自覚し、眼科で診察を受ける方が多くなります。


ただ老眼の症状が出たとしても、40代の方の場合まだまだ若いから老眼のはずがない、または老眼かもしれないが、それほど不自由なわけではないので老眼鏡は必要ない、老眼鏡をかけるなんて嫌だ!と思い、眼科にも行かず、老眼鏡もかけない方が多いようです。


しかし老眼が始まっているにもかかわらず老眼鏡をかけないで生活を続けると、眼が疲れやすくなるだけでなく、眼の疲れが体全体の疲れに繋がったり、また老眼がより進行する可能性があり、さらに眼の疲れから眼の疾患、病気へ発展する可能性も否定できませんので、老眼かな?と思ったら早めに眼科で診察を受ける事は非常に大切なのです。




スポンサードリンク