老眼の症状、原因、老眼コンタクト、遠近両用メガネ、老眼鏡の選び方



当サイトでは、老眼を予防、対策、防止する方法や、近年、注目を集めている老眼を回復させる治療、手術について、できるだけ分かりやすく、具体的に説明しています。


加齢と共に誰にでも必ずやってくる症状、老眼。まさか自分が・・・と思ってもこればかりは人間であれば避けて通ることが出来ない症状なので、「まだまだ若いから自分は関係ない!」と現実逃避するのではなく、素直に認め、早めに予防対策を行ったほうが賢明です。


また体を鍛える方は多いので、日頃から運動やスポーツなどをしていれば体力の低下をある程度は抑えることは可能なのですが、意外と大切な「眼」を鍛える方は少ないようで、当然、眼を鍛えなければ眼の機能は低下して行きますので、早く衰えてしまい、老眼の症状が早く出てしまう事となってしまうのです。


そこで当サイトでは、老眼の予防対策法、老眼鏡、コンタクトレンズ、遠近両用メガネの選び方や、視力回復手術レーシックとの関係、最新の老眼手術、治療法について説明していますので、そろそろ眼の衰えを感じてきた方の参考になればと思います。

スポンサードリンク

最新の老眼治療・手術について



近年、日本でも多くの眼科、クリニックで近視、乱視、遠視を矯正し、回復させることが出来る『視力回復手術レーシック』を行うようになり、また多くのスポーツ選手、芸能人がレーシックを受けた事もあってか、 年々レーシックを受ける方が増加していますが、残念ながらレーシック手術では老眼を治す事ができません。


しかし医療先進国アメリカではすでにさまざまな老眼治療が行われており、日本でも2004年から『老眼治療CK(伝導性角膜形成術)』が行われるようになり、老眼治療自体まだまだ認知度も低く、老眼治療を行う眼科、クリニックも少ないのですが、確実に身近なものになってきているのです。


また白内障と老眼を同時に治療可能な『遠近両用眼内レンズ』という画期的な治療法や、『モノビジョンレーシックアキュフォーカス』など、さまざまな老眼治療を行うクリニックが増えてきましたので、「近くが見えづらいのは歳だから仕方ない」と諦める時代ではなくなってきたのかもしれません。


そこで当サイトではこれらの治療法、手術法について分かりやすく説明していますので参考にしていただければと思います。